Windows10で、パスワードを省略してサインインできるようにするには

特殊な用途のPCではログインの時のパスワードを迂回して素早く使いたい場合がある。特にHDDから起動する場合など、じっと待つ時間がもったいない。

まったく推奨できないが、PCの起動時に、パスワード入力をバイパスしてサイン・インする方法を紹介する。

Winキーを押し、検索フィールドから”netplwiz”と入力して、Enterキーを押す。以下の画面が開く。

ここで「ユーザーが…入力が必要」のチェックボックスが表示されている場合は、次のレジストリの変更は不要である。表示されていない場合は、レジストリの変更を行うことにより、チェックボックスを表示させることができる。

なお、GUIからチェックボックスを表示する設定を行うこともできるようだが、Windows10のバージョンが変わるたびに設定方法が異なっている模様。

レジストリの変更

  1. Winキーを押し、検索フィールドから”regedit”と入力して、レジストリエディタがヒットしていることを確認後、Enterキーを押す。レジストリエディタが開く。
  2. 次のキーに移動する。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\PasswordLess\Device
  3. 右側のペインで、DevicePasswordLessBuildVersionを探す。
  4. 種類:REG_DWORDのデータを”0″に変更する。
    DevicePasswordLessBuildVersionをダブルクリックし、その値を0に変更(私の場合は”2″を”0″に変更した)。

自動サインインの設定

再度、”netplwiz”を起動するとチェックボックスが表示されているので、チェックを外す。[OK]ボタンをクリック。

「自動サインイン」の画面が表示されるので、ユーザー名を確認し、パスワードを入力。[OK]をクリック。

これで次回起動時から自動サインインできる。

別ユーザーにサインインしたい場合は一旦、自動サインインしたあと、サインインしなおす必要がある。